So-net無料ブログ作成
検索選択

父の日にバラを! 鳥取・米子でバラ摘みイベント(産経新聞)

【ふるさと便り】

 母の日のカーネーションに比べて認知度の低い「父の日」(6月第3日曜日)のバラを定着させようと、鳥取県米子市淀江町でバラを生産する森田園芸が27日、市民らを招いてバラを摘んでもらう体験イベントを開いた。

 同市などから8人が参加し、「ルーレット」や「ニューミラクル」「サンティアゴ」など20種類が栽培されている約1200平方メートルのハウスで、好みのバラを採花した。

 摘んだ花を使ったフラワーアレンジメント教室も開かれ、参加者らは赤やピンク、黄色など色鮮やかな作品を仕上げていた。

 参加した鳥取県大山町の中原喜代子さん(74)は「何種類ものバラを摘んだのは初めて。父の日には夫にバラを贈りたい」と話していた。

【関連記事】
お父さんはやっぱりノケモノ「自宅難民」急増中、どうする!?
育児楽しむ男性応援 父の日に「イクメン大賞」
明治製菓 父の日商戦で「甘さ控えめ」の新チョコ菓子
色とりどりのバラ見ごろ、港の見える丘公園
格安のバラがズラリ あらかわバラの市にぎわう

刑務所暴行、国に賠償命令=8900万円認める―元受刑者ら請求・名古屋地裁(時事通信)
種牛6頭避難の西都市でも感染疑い牛(読売新聞)
車内放置で乳児死亡、母親に実刑=裁判員「事件の重大さ分かって」―秋田(時事通信)
折れたブレーキレバー 交換ミスが原因 JR西(産経新聞)
サイバー選挙戦へ準備着々 ネット業界「解禁」見込みサービス充実(産経新聞)

訃報 鈴木俊一元東京都知事死去 新宿に都庁移転 99歳(毎日新聞)

 1979年から東京都知事を4期16年務めた鈴木俊一(すずき・しゅんいち)さんが14日午前に死亡した。99歳だった。都庁関係者が明らかにした。

【写真で見る都庁】赤い灯で啓発 世界エイズデー

 1933年、旧東京帝国大学法学部を卒業し、内務省に入省。地方自治庁次長、自治事務次官、内閣官房副長官を経て東竜太郎都知事時代の59年から副知事を2期務めた。

 79年に自民党、公明党、民社党(当時)の推薦を受けて都知事に初当選。前任の美濃部亮吉知事時代に悪化した財政を危機的状況から脱却させることに取り組み、3年後に黒字に転換させた。職員定数の削減や退職金の引き下げ、福祉政策の見直しなどの行財政改革で黒字基調を続け、「地方自治の神様」とも称された。

 新宿への都庁移転や臨海副都心開発などの大型プロジェクトをはじめとする「箱もの行政」を積極的に推進。東京一極集中を加速させたうえ、バブル崩壊とともに立て直したはずの財政が再び悪化し、後の都政に影を落とした。

 91年に4選した際の知事選は、高齢多選を批判して「鈴木おろし」を図った自民、公明、民社の党本部が元NHKキャスターを擁立。これに対して自民、民社の都連が鈴木氏を支持するという異例の構図が注目の的になった。

 94年12月に5期目の出馬をしないことを表明。96年に開催を予定していた「世界都市博覧会」を後任の青島幸男知事が中止した時は、「サリンをまかれたようだ」と怒りをあらわにした。言動であまり注目されることのなかった鈴木氏にとって、唯一の失言ともいえ、無念の思いの強さをうかがわせた。

 知事退任後は、東京国際交流財団(現東京国際フォーラム)会長、日本倶楽部会長を務めた。

【関連ニュース
【昭和毎日】都庁周辺 東京五輪のころは水面が広がっていた
【昭和毎日】昭和32年2月、都庁新庁舎(有楽町)の落成式

三セク元所長逮捕へ=回数券着服、被害2億円か−大阪府警(時事通信)
国会議員らが介護保険の公費負担などで公開討論(医療介護CBニュース)
<川渡り神幸祭>貴乃花親方も参加、盛り上げる 福岡・田川(毎日新聞)
<業務上横領>男性事務官を免職処分、地検に告発 千葉地裁(毎日新聞)
1歳長女重体、床にたたき付けた母親逮捕(読売新聞)

<亀井金融相>郵政改革法案巡り、岡田外相とバトル(毎日新聞)

 郵政改革法案を巡り、国民新党代表の亀井静香金融・郵政担当相と、岡田克也外相がバトルを演じる一幕があった。

 発端は亀井氏。「外務省は米国務省の分局だ」と11日の記者会見で、激しい外務省批判を展開。「国益を考えず、米側の主張をそのまま押し付けてくる」との主張で、「閣議決定の日まで『民業圧迫』と称して手足を縛りに来る」と強調した。

 亀井氏や外務省によると、ゆうちょ銀行の預け入れ限度額や競争の公平性について同省が内閣府に法案の一部修正を申し入れたという。

 これに対し、岡田氏は記者会見で、法案修正の指示は認めたものの、「(修正しないと)世界貿易機関(WTO)に提訴される可能性があった。米国が言ったからというより、国際貿易のルールだ」と反論した。

 ただ岡田氏は「閣議前に亀井さんと普天間の話はしたが、そういう発言はまったくなかった。どうせなら直接言っていただければ」とも指摘した。【中井正裕、吉永康朗】

【関連ニュース
普天間移設:亀井氏「くい打ち方式案は困難」
亀井郵政担当相:「郵政改革法」の閣議決定、4月末以降に
亀井担当相:内閣法制局を訪問 郵政改革法案作りで激励
国民新党:亀井静香氏が代表に 落選の綿貫氏は最高顧問に
与謝野氏離党:谷垣氏「残念」、亀井氏「今後の行動期待」

<真夏日>各地で記録、広島・加計では30.7度(毎日新聞)
小児の「食物アレルギー」10年で2倍 花粉症の増加と関係アリ?(J-CASTニュース)
あおぞら元行員、インサイダーさらに2銘柄(読売新聞)
偽造障害者手帳で高速料金不正割引 連帯労組員10人逮捕 大阪府警(産経新聞)
ツイッター、ミクシィ「禁止令」 福岡の高校が事実認める(J-CASTニュース)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。