So-net無料ブログ作成
検索選択

<菅首相>地域主権改革3法案の成立微妙(毎日新聞)

 菅直人首相は10日、首相官邸で全国知事会長の麻生渡福岡県知事ら地方6団体の代表者と会談した。麻生氏らは、国と地方の協議の場の設置などを柱とする地域主権改革関連3法案の今国会成立を求める要望書を提出。首相は「地域主権改革は菅政権に代わっても一丁目一番地の改革なので強力に推し進める」と意気込みを示す一方、「国会日程が大変厳しい」と述べ、成立は微妙な情勢だとの認識を示した。3法案は参院先議で参院を通過し、衆院で審議中。

【関連ニュース
菅首相:韓国大統領と日韓米連携を確認 哨戒艦沈没事件で
参院選:菅首相、勝敗ライン50議席見直さず
菅首相:次官前に低姿勢、「協力お願いする」
鳩山前首相:特使で訪中 上海万博のジャパンデーに合わせ
口蹄疫:菅首相、初動対応徹底を指示 政府対策本部会合

河村市長 「増税せんで」菅内閣に注文(毎日新聞)
<雑記帳>ツイッターで群馬県議会が情報発信 全国初(毎日新聞)
「脱小沢」カラー鮮明に 「七奉行」全員を要職(産経新聞)
菅首相会見速報(4)「官僚こそプロ、その力使って政策進める」(産経新聞)
総連、朝鮮学校無償化へ攻勢 文科省への電話を指示/ノルマ課す(産経新聞)

民主党両院議員総会での首相の演説要旨(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は2日、民主党の両院議員総会で辞意を表明した。鳩山首相の演説の要旨は以下の通り。

 「国民の皆さんありがとうございました。昨夏の闘いで政権が変わり、政治が大きく変わった。決して間違っていなかったと思う。官僚任せでない政治主導の政治の実現を目指し、この日まで頑張ってまいりました。国民のための予算を成立させることができました。もっともっと人の命を大切にする政治を進めていかなければと考えてきたが、国民の皆さんの心にはそのように写っていません。国民の皆さんが聞く耳をもたなくなった。私の不徳の致すところ。

 一つには普天間の問題。社民党に政権離脱に追い込んでしまった責任を取らなければならない。

 もう一つは政治とカネの問題。自民党を飛び出したのは、もっとクリーンな政治を取り戻そうということだったが、自分自身が政治資金規正法違反の秘書を抱えていたとは想像だにしていませんでした。何でクリーンなはずの民主党の代表がこんな事件に巻き込まれるのかと皆さんにはご苦労をおかけした。政治とカネの問題と決別した民主党を取り戻したい。

 この問題では、小沢一郎幹事長にも政治とカネの問題あった。

 私も退きます。幹事長も恐縮ですが、退いてほしい。それによってクリーンな民主党を作りたいとお伝えした。お互いその責めを受けなければいけない。小林千代美議員にも責めを負っていただきたい。それによって、国民に聞く耳をもっていただける国民の声もすっと通る新しい政治に生まれ変わる。

 国民が主役になる世界をつくる、この思いを実現できるよう国民の皆さんに力を貸していただきたい。今日まで8カ月余り歩ませていただき、感謝申し上げ、メッセージとします」

【関連記事】
菅直人副総理、「代表選出馬か」の質問に無言
首相、目に涙浮かべ辞意表明 小沢幹事長も辞任
首相辞任 「朝、連絡があった」 渡部元副議長
「誰が首相でも声明尊重を」 普天間移設で米高官
首相進退問題 トップ2人の共同責任だ
「はやぶさ」帰還へ

雑記帳 高知の啄木と父の歌碑、岩手知事が初訪問(毎日新聞)
涼しげな風鈴、1300度の熱いガラスから(読売新聞)
後継、菅副総理が最有力(産経新聞)
日米首脳が電話会談(時事通信)
両陛下が日本芸術院授賞式へ 午後には茶会(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。